コミュニケーション能力の種類とは?

2021/07/17
コミュニケーションはいくつかの要素が組み合わさって構成されています。
この記事では、コミュニケーション能力の種類についてご紹介します。

▼伝える力
コミュニケーションの基本要素である伝える力です。
相手が理解しやすいように伝えることがポイントになります。
時や場所、相手に合わせて適切な言葉遣いや表現を選びましょう。

▼聞く力
コミュニケーションのもう一つの基本要素である聞く力です。
相手の伝えたいことを聞くだけでなく、理解することが重要になります。
わからないことは質問する、相槌を打つなどの行為も聞く力の一部です。

▼非言語的コミュニケーション能力
会話というのは、ただ話したり、聞いたりするわけではありません。
伝える側は、表情や身振り手振り、声の強弱などを工夫して会話を円滑にする必要があります。
聞く側は伝える側の動きや声のトーンなどに気を配りながら、本当に伝えたいことを読み取る力が必要です。

▼相手を尊重し、理解する力
会話はお互いに尊重しあうことがなければ成立しません。
例えば、相手の意見をすぐに否定する、相手を無視して一方的に話すなどはコミュニケーションと言えるでしょうか?
否定をする前に理解を示す、相手の方を見ながら話をするなどの気遣いが大切です。
小さい気遣いが活発なコミュニケーションに繋がります。

▼まとめ
今回は、コミュニケーション能力の種類についてご紹介しました。
コミュニケーションは伝えるや聞く以外にも、必要なことがあるので割と奥が深いです。

また東京でマナー研修やメンタルヘルス研修をするなら株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミーにお任せください。
当社の研修は理論だけではなく、実践も学ぶことができるようなプログラムになっております。
研修のカスタマイズもできますので、東京で研修を考える企業様はお気軽にご相談ください。