企業研修にはどんな種類がある?

2021/08/01
企業研修と一言で言っても、色々な種類がありますよね。
今回は企業研修の種類について解説していきますので、社員の能力向上にお役立てください。

▼企業研修の種類
企業研修には、主に以下のような種類があります。
・OJT研修
・階層別研修
・職種別研修
・コンプライアンス研修
・自己啓発研修
どれも社員が団結して働くには必要不可欠な研修です。

■内部研修と外部研修がある
企業研修を行う場合、自社内で社内研修として行いスキル向上を目指す手法がよく用いられます。
しかし内部で完結させるだけでは、新しい風が入りません。
時には外部企業のスタッフを利用しての外部研修も必要でしょう。
株式会社 ジェイ・コミュニケーション・アカデミーでも、豊富な実績のある専門家を派遣しての企業研修を行っています。
企業ごとに最も適した研修プランをご提示できますので、外部研修をご検討の方はぜひご相談ください。

■社員の健康も重視しよう
上記で挙げた企業研修に加えて、近年は社員の健康管理に関する企業研修も人気があります。
過労による病気の発症やメンタルヘルスなどが問題になることの多い昨今では、健康管理に関するノウハウも研修によって社員全員に
浸透させる必要があるでしょう。
健康管理系の研修をまだ実施していない場合は、ぜひこの機会に検討することをおすすめします。

▼まとめ
基本的な企業研修の種類はどの時代でも変わることがありませんが、その時の時勢を見ながら付加的な要素も柔軟に取り入れていくことも大切です。
会社をこれからどのように発展させていきたいのかをじっくり考えながら、社員の能力を最大限に引き出し、
やりがいを持って業務に邁進できるような研修を実施していってください。