企業研修の意味とは

2021/08/05
今回は企業研修の意味について解説していきます。

▼研修とは
研修とは、仕事に必要なスキルや知識を身に付けるための勉強会のこと。
会社内で研修プログラムを用意して行う「社内研修」と、外部のサービスを利用して行う「外部研修」の2種類が一般的です。

▼企業研修の意味
企業研修とは、社員一人ひとりの成長を通して企業を成長させるための研修です。
企業研修には「講義式の研修」「グループワーク」「オンライン研修」といった種類があります。
企業研修には、以下のようにさまざまな意味合いがあります。

■人材育成
新人への社員研修では、業務で使う基礎的なスキルや知識を習得できます。
中堅以上の社員に研修を行えば、キャリアアップにつながるでしょう。

■自己成長
社員が自主的に参加する意味合いが強いセミナーのような研修なら、社員の自己成長を促せます。
自分に足りないものを補うために研修を受けると、成長につながりやすいです。
社員の成長は、企業の成長にも直結します。

■企業理念の浸透
新入社員は特に、企業理念や事業内容を理解しきれていないことが多いです。
企業理念や事業内容を知らなければ社員一人ひとりの目標も定まらず、働く意欲も湧きにくくなるでしょう。
社員研修で企業理念や事業内容を浸透させることで、離職率の低下にもつながります。

■社内間交流
社内でのコミュニケーションを活性化させるためにも企業研修は重要です。
部署間や個人間での連携が図れるようになるので、プロジェクトをスムーズに遂行できます。

▼まとめ
企業研修の目的を明確にすることで、企業研修の効果が高まりますよ。
株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミーでは企業様向けの研修を行なっております。
目の前の問題に対して、より実践的な対処法が学べます。
企業の健康経営を目指すなら、ぜひお気軽にご相談ください。