ビジネスマナーとは

2021/09/01

仕事を円滑に進めるには、ビジネスマナーを身に付けることが重要です。
今回はビジネスマナーとは何なのか、詳しく解説していきます。

▼ビジネスマナーとは
ビジネスマナーとは、ビジネスをする上で必要不可欠なマナーのこと。
話し方や服装、電話応対など、ビジネスマナーにはさまざまな項目があります。
ビジネスマナーをきちんと身に付ければ、職場の同僚や取引先とのコミュニケーションが円滑に行えるようになります。
ビジネスマナーが守れないと、取引先との商談が上手くいかなくなったりします。

▼まずは最低限のビジネスマナーを身に付けましょう
まずは以下のような、最低限のビジネスマナーを身に付けることから始めるのがおすすめです。
高度なマナーよりも基本的なマナーのほうが使う頻度が多く、応用も利きやすいからです。

■身だしなみを整える
ビジネスの場面では見た目も重要です。
過度に着飾る必要はありませんが、相手に不快感を与えるとコミュニケーションが上手くいかなくなることがあります。
身だしなみのポイントは「清潔感」。
シワのないスーツや、奇抜でないヘアスタイルなどを意識しましょう。

■報連相を実行する
報連相とは「報告」「連絡」「相談」のこと。
これが欠けていると他人とのコミュニケーションが上手くいかず、業務に支障が出てしまいます。
報告する際は「いつ」「どこで」といった5W1Hを意識すると相手が理解しやすくなります。
連絡は「かも知れません」といったあいまいな内容ではなく、事実のみを伝えましょう。
不明点などがある場合は放置せず、周囲の人に相談してアドバイスを仰ぐことが必要です。
相談する際はあらかじめ相談内容や相談時間なども伝えておくと、相手への配慮ができます。

▼まとめ
今回ご紹介した以外にも名刺交換のやり方など、さまざまなビジネスマナーが存在します。
株式会社ジェイ・コミュニケーション・アカデミーではビジネスマナー研修を承っております。
ご希望に合わせて研修内容のカスタマイズも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。