メンタルヘルスとは

2021/11/15
今回は、メンタルヘルスとは何か?について見ていきましょう。

▼メンタルヘルスとは
メンタルヘルスとは、「心の健康」のことを指します。
精神的健康、精神保健、精神衛生などと表現されることもあり、精神的な疲労や、ストレスの緩和、精神障害の予防と回復を目的とした場面で使われることがあります。
メンタルヘルスを損なうと、「判断力が鈍くなる」、「食欲の低下」、「睡眠障害」などの症状があらわれます。
その症状を放置していると、うつ病などの疾病を発症してしまう可能性があります。

■判断力が鈍くなる
メンタルヘルスを損なうと、以前と比べて仕事の効率が悪くなったり、あれこれ考えて決断ができないなどの、精神的な症状があらわれます。

■食欲の低下
精神的なストレスが続き、メンタルヘルスが不調になると、食欲が無くなるなどの、身体的な症状があらわれます。

■睡眠障害
悩み事で頭がいっぱいになり、心が不安定な状態が続くと、眠りたいのに眠れない、寝てもすぐに目が覚めてしまうなどの睡眠障害が起こる可能性があります。

▼まとめ
人は「メンタルヘルス」に不調をきたすと、精神的な症状があらわれ、体調にも影響を与えます。
その為、不調の初期の段階から、メンタルヘルスへのケアが大切になります。
弊社では、健康経営の手助けをする各種研修を豊富に取り扱っております。
体を動かすことでストレスの軽減を図る、独自のセミナーの受託も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。